ひらのファミリー歯科

一般歯科 小児歯科 口腔外科 インプラント 矯正歯科 デンタルエステ 訪問歯科

ご予約

よくあるご質問

日々のお手入れについて

Q.ハブラシだけで汚れは落とせますか?

A.正しいブラッシング法の歯磨きを心がけていても、歯と歯の間の歯垢(プラーク)は残ってしまいがちです。歯と歯の間の下の部分に隙間の無い人は糸ようじ(フロス)を、隙間のある人は、その隙間にあった大きさの歯間ブラシを毎食後使用すると、プラークコントロールに効果的です。

Q.電動歯ブラシを使った方がいいですか?

A.正しいブラッシング法が出来ていないのに電動ハブラシを使っているから大丈夫と思っている人が意外と多いようです。まずは正しいブラッシング法を身に付けましょう。その上で電動歯ブラシを使うことは効果的です。

Q.歯の汚れ(着色・ヤニ等)だけを取ってほしいのですが、それだけで歯医者に行ってもいいのですか?

A.歯の汚れだけでなく、大抵の場合歯石も付着していますので、歯科医院で取ってもらって下さい。検診時に歯の汚れだけを取ってもらいに来院する患者さんは多数います。当医院では、虫歯等で治療されている患者さんは治療時に歯の汚れや歯石の除去を行っています。

Q.最近歯茎から血が出ます。どうしてですか?

A.歯肉炎もしくはそれ以上進んだ歯周病です。
歯についた汚れ(歯垢)や細菌が歯茎の中に侵入することによって、歯茎が赤く腫れたり出血したりします。正しい歯磨きで毎日しっかり汚れを落とし、半年に1度定期的に歯科医院で歯石を除去して、歯肉炎・歯周病を予防しましょう。

入れ歯・銀歯について

Q.入れ歯を汚れたままにしておくとどうなりますか?

A.部分入れ歯の場合は、残っている歯が虫歯や歯周病になり、それが原因で抜歯が必要になる場合があります。総入れ歯の場合は、歯茎の炎症を起こし口臭の原因にもなります。毎食後、綺麗に洗浄するよう心がけて下さい。

Q.入れ歯を熱湯で消毒してもいいですか?

A.熱湯を使用すると入れ歯が変形してしまいます。絶対に使用しないで下さい。

Q.入れ歯を歯磨き粉で磨いてもいいですか?

A.歯磨き粉に入っている研磨剤で入れ歯が削れてしまいます。使用しないで下さい。研磨剤の入っていない台所用の洗剤などを使うと良いでしょう。

Q.寝るときに入れ歯を外さないといけませんか?

A.基本的には外して下さい。特に小さな部分入れ歯は寝ているとき飲み込んでしまう可能性がありますので危険です。また、総入れ歯の場合でも歯茎を休ませてあげる為に、外して下さい。
しかし、歯が数本しか残っていなくて入れ歯を外してしまうと歯茎を傷つけてしまう場合や、噛み合わせが安定しない場合などは綺麗に歯と入れ歯を洗ってから、入れて寝る場合もあります。

お子様の歯について

Q.子供の予防歯科についてどのようにすればいいですか?

A.お子さんは日々、成長しています。それに伴ってお口の中も大きく変化しています。健康で美しい歯ならびの永久歯を育成するためには、定期的なお口のチェックが欠かせません。
乳歯のむし歯が永久歯や将来の歯並びまで悪い影響を及ぼすことも少なくありません。むし歯や歯並びの問題を早期に発見し治療することは、子どもの口の健康にとっても大切なことです。
子どもと保護者、そして歯科医、歯科衛生士がともに歩く定期検診が大切です。

その他

Q.クリーニングとホワイトニングのちがいは?

A.クリーニングでは、タバコのヤニや歯石など歯の表面についている汚れを取り除くことです。
ホワイトニングは、歯そのものを白くすることで「漂白」「ブリーチング」とも呼ばれています。歯の内側から着色成分を分解・漂白するというのが基本的なメカニズムです。
「ホームホワイトニング」「オフィスホワイトニング」の2種類の方法があります。

Q.お口のマッサージの効果は?どのような時に受けるべき?

A.効果は唾液が出やすくなる、お口の開きがよくなる、軽くなる、リラクゼーション効果などがあります。
日頃、口の中がつかれてると感じる方、入れ歯、インプラントの方、歯周病の方、お煙草を吸われる方におススメします。

Q.歯軋りを治す方法はありますか?

A.歯軋りそのものを治すのではなく、歯軋りから歯を守る方法があります。歯の型をとりマウスピースのようなものを寝るときに装着します。

Q.親知らずは抜いた方がいいですか?

A.親知らずは一番奥に生えてくるのでハブラシが届きにくい為、虫歯や歯周病になりやすく、また1本手前の歯との間も虫歯になりやすいです。上下の親知らずがまっすぐ出ていて噛み合っていれば抜く必要がありませんが、斜めに出できた場合や、埋まっている歯が痛くなったら抜いたほうがいいでしょう。

Q.歯石ってなんですか?

A.歯垢(プラーク)が唾液中のカルシウム成分と結合して石のように硬くなったものです。歯石はハブラシで取る事が出来ませんので定期的に歯科医院で取ることをお勧めします。

Q.歯肉炎と歯周病の違いはなんですか?

A.歯肉炎は歯茎が赤く腫れ、ブラッシング時に出血することがありますが、歯は動いていません。歯周病はさらに炎症が進み、歯を支えている顎の骨が減って歯が動いてきます。膿が出てくる事もあります。

Q.歯周病で減った顎の骨は元に戻りますか?

A.部分的に減ってしまった骨を戻す手術法がありますが、全体的には戻りません。また手術法の適応は限られ、保険が利きません。

Q.フッ素塗布は何歳から始めたらいいですか?また塗布の回数はどれくらいがいいですか?

A.1歳6ヶ月(上下の歯が4本ずつ生えてきたころ)から小学生の間までと考えて下さい。年に2~3回程度塗布すると効果的でしょう。
また、フッ素塗布をしたからといって虫歯にならないわけではありません。毎日の正しいブラッシングをしたうえで、フッ素塗布をすると効果的です。

患者様の「歯を大切にしたい。」「お口をもっときれいにしたい」、「満足のいく歯科治療を受けたい」といった思いを大切に、一般的な歯科治療から訪問歯科まで地域に根ざした歯科医院です。

診察のご相談・ご予約など、お気軽にお問い合わせくださいませ。

TEL.06-6795-0610

受付時間 9:30~13:00/14:30~20:00
※土曜日の午後、日曜日は休診となります。