ひらのファミリー歯科

一般歯科 小児歯科 口腔外科 インプラント 矯正歯科 デンタルエステ 訪問歯科

ご予約

診療案内

虫歯治療

一般歯科

歯は1度削ったり、歯の神経を抜くと寿命が短くなると言われています。
ひらのファミリー歯科では虫歯の治療のレベルに応じて、できるだけ削らない・抜かない治療を大切にしています。
歯を失う原因として多いのが、歯の詰め物の隙間から再度虫歯になってしまい、神経を抜く処置をしなくてはいけなくなることです。
神経を抜いてしまうと歯が弱ってしまい将来的に抜歯になる確率が高くなります。
当医院ではなるべく神経を抜かずに保存することを前提に治療を行いますが、まずは【歯医者が削ることが無い歯】を作ることが1番大切なのです。

小さなむし歯は可能な限り経過観察に

ごく初期の虫歯は削らなくても、フッ素塗布や歯磨きの予防によって虫歯の進行を止めることができます。
まずは口腔内の環境を整えて定期的に虫歯の進行を観察していきます。

虫歯治療の流れ

① 初診・問診

主訴を中心に話を伺っていき、今の悩みや状況を確認していきます。

② 精密検査

歯周検査・口腔写真の撮影。
レントゲン(X線)にて精密な検査を行います。

③ 診断 / カウンセリング

今後の治療方法のご提案、ご説明を行います。
クリーニング等で口の中の衛生状態を良くし、オペに臨みます。

④ 治療スタート

患者様一人ひとりに治療についての詳しいご説明を行い、安心して治療に専念していただきます。

⑤ メインテナンス

治療が終了したらメインテナンスを受けていただきます。
メインテナンスによって虫歯や歯周病のリスクを軽減させるだけでなく全身的な健康に繋がり、健康寿命が伸びます。

虫歯の分類と治療方法

  1. C0


    歯に穴が開いていない状態です。
    フッ素や唾液によって再石灰化させ歯を強くすることができます。
  2. C1


    表面のエナメル質にできるごく小さな虫歯で黒い着色や白濁が現れますが、症状はありません。
    この場合、虫歯が進行しない様に予防・経過観察する場合がほとんどです。

    ※C0やC1は、痛み等の自覚症状がないので、知らないうちにむし歯が進行してしまうので注意が必要です。
    定期的に歯科医院に行って、むし歯の進行を防ぎましょう。 他の歯の予防もしっかり行うようにしましょう!
  3. C2


    むし歯がエナメル質の奥にある象牙質にまで侵された物で、甘いものを食べた時に痛みを感じたり、冷たいものがしみるなど自覚症状が現れます。
    むし歯の部分を取り除き、歯髄を保護する薬剤などを填入し、その後、その場で埋めるか型取りをして詰め物を作成します。
  4. C3



    虫歯の進行が歯の神経にまで達したもので、痛みがひどくなります。
    甘いものを食べた時に痛みを感じたり、冷たいものがしみるなど自覚症状が現れます。
    噛むとズキッと痛みが出たり、何もしなくても痛い場合があります。
    虫歯菌に感染したエナメル質および象牙質を削り取り、歯の神経を抜きます。
    その後、歯の根っこの治療を複数回行い、土台を立て、レジンや金属でできた被せ物を装着します。
    治療回数が複数回必要になります。
  5. C4


    歯の上の部分がほとんど崩壊し、歯根だけが残っている状態です。
    神経は死んでしまい、そこに細菌が感染して腐り悪臭を放ったり、神経が化膿したり、神経の先が炎症を起こしたり、歯ぐきから膿が出ることもあります。
    ここまでくると神経が死んでいるので、痛みを感じない場合がほとんどです。
    ほとんどの場合、抜歯する必要が出てきます。抜いた後は、ブリッジ・入れ歯・インプラントなどの治療になり他の歯への影響が大きくなります。

患者様の「歯を大切にしたい。」「お口をもっときれいにしたい」、「満足のいく歯科治療を受けたい」といった思いを大切に、一般的な歯科治療から訪問歯科まで地域に根ざした歯科医院です。

診察のご相談・ご予約など、お気軽にお問い合わせくださいませ。

TEL.06-6795-0610

受付時間 9:30~13:00/15:00~20:00
※土曜日の午後、日曜日は休診となります。